不動産管理を委託すること

マンションの模型

不動産賃貸借で不動産の所有者は集金から不動産の管理まで多くのことをしなければなりません。この賃貸管理を不動産管理会社に委託することは多くのメリットがあります。委託する事項は、大きく二つに分類できます。まずソフト面として入居者の管理です。もう一つはハード面として建物の管理があります。まずひとつめの受託事項である入居者の管理とは、大まかに言えば、入居者が入居から退去するまで事務です。家賃集金、滞納家賃の対応、入居者や近所の苦情処理などです。もう一つの受託事項である建物の管理とは、不動産の修理、退出時の修繕や掃除、環境整理などですが、重要なのは修理以上に資本的支出があります。いかに時間の経過に対して不動産の価値を下げないか、と言うことです。

不動産の価値低下を防ぐこととは

不動産管理会社に委託する事項で賃貸管理以上に重要なのは長期的に不動産の価値を低下させないよう管理してもらうことです。例えば、修理を故障した場合や退出時の修理だけでなく、定期的に設備投資などを行うなどのいわゆる資本的支出です。建物の老朽化対策をどのようにするかが、そこの不動産価格が持っているノウハウと言っても過言ではありません。長期的な修繕計画と融資計画をたてると言ったことです。定期的に外壁や屋根の確認をしてより耐用年数が長くなるように予算を計画するといった事務です。大切な不動産を安心して委託できる不動産管理会社を見つけるために、不動産管理会社の管理業務の範囲や内容にこうした長期的な資産価値の計画があるかどうかを確認することも重要です。

広告募集中